金利が安いカードローンを選ぶには?

誰もが金利が安い(低い)カードローンで借りたいと思っていると思いますが、実際どこのカードローンが金利が安いのか、はっきりと分かりずらいと思います。

 

銀行カードローンと消費者金融では最低の金利はあまり変わりないけれど、どこを見れば金利が安いと分かるの?10万円借りた場合や50万円借りた場合はいくらの金利(利率)が設定されるの?など、初めて借りる人には金利の見方がよく分からないのが現状です。

 

金利が安いのは大きなメリットですが、カードローンには金利以外にも審査時間や即日融資に対応しているか、提携ATMの手数料は有料なのか、無料なのか、いろいろと比較するポイントは多いのですが、大半の人はやはり金利が安い(低い)カードローンを重点に探しています。

 

その為ここページでは、金利が安いカードローンを選ぶポイントについて説明します。

金利が安いカードローンを選ぶなら上限金利に注目!

金利が安いカードローンを見つけるのであれば、上限金利が低いカードローンを探すことです。キャッシング・カードローンの金利は下限金利〜上限金利での表示方法となっていますが、注目するのは金利が低い下限金利ではなく、金利が高い上限金利なのです。

 

カードローンの金利表示

下限金利

上限金利

最も低い金利(最低の金利)

最も高い金利(最高金利)

 

カードローンの金利表示

例えばA社のカードローン金利が5.5%〜18.0%となっていた場合、左側の5.5%が下限金利、右側の18.0%が上限金利となります。

 

カードローンの下限金利はあくまでその会社で設定できる最低の金利となりますので、新規申込みの信用がまだ無い人や、小口での貸付には100%適用されることは無い金利なのです。

 

逆に上限金利はその会社の最も高い金利設定となりますので、最高でもその上限金利以下の金利が設定されることになります。

上限金利が低ければ金利(利息)が安い?

どちらのカードローンが金利が安い?

A社のカードローン金利

金利 5.5%〜18.0%

 

B社のカードローン金利

金利 8.5%〜13.0%

 

金利の女性イラスト

上限金利はその会社の最高金利と説明しました。例えば、先ほどのA社では5.5%〜18.0%の金利ですが、B社では8.5%〜13.0%の金利だったとします。

 

この場合、金利が安いカードローンを選ぶならば、B社を選ぶことが低金利で借りれるポイントとなるのです。特に消費者金融カードローンは100万円未満で借りた場合の金利は、ほとんどが上限金利での設定になりますので、アコムなら18.0%、プロミスなら17.8%、モビットなら18.0%が実際借りた時に設定される適用金利と思っておいてください。

 

これに対し、銀行カードローンでは上限金利が低く、イオン銀行カードローンであれば、金利3.8%〜13.8%の為、最高でも金利は上限金利の13.8%となりますので、消費者金融と比べれば約4.2%も金利が安いカードローンとなるのです。

金利が安いカードローンとは上限金利が低いローン?

カードローンを低金利で借りるポイントは上限金利が低いカードローンを選ぶことです。しかし、注意点として、これはあくまで100万円以下の限度額に限った場合で説明しています。

 

100万円超や200万円、300万円を超える大口契約の場合は必ずしも上限金利が低い会社が低金利になるとは限りません。

上限金利を調べること!

 

大口契約の場合は審査も厳しくなりますが、それだけ低金利で借りられる可能性がありますので、上限金利だけでは決めず、公式サイトにて商品内容をよく見て、そこに記載されている金利の上限金利を見ることが大切です。

 

多くの銀行カードローンでは、借入限度額によって、最初から金利が決まっています。例えば、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの場合は、10万円以上100万円以下は年13.6%〜14.6%、100万円超200万円以下は年10.6%〜13.6%となっています。

 

オリックス銀行の場合は、100万円未満は金利12.0%〜17.8%、100万円、100万円超150万円以下は金利9.0%〜14.8%となっています。このことから、100万円以下、200万円以下で見た場合、上限金利が安いのはバンクイックの方です。

 

もし金利が低いカードローンで利息を押さえたいのであれば、バンクイックから借りた方が低金利になる確率が高いと言うことができます。

 

消費者金融でもモビットの金利は3.0%〜18.0%とオリックス銀行に近い金利となっていますが、モビットの場合、限度額によって金利が公表されていません。

 

消費者金融では最低金利(下限金利)は99%適用されることはありませんので、モビットの最低金利が3.0%だったとしても、実際に100万円以下で借りた場合18%になることが圧倒的で、3.0%で借りられる人はそうそういませんので、銀行なら、限度額ごとの金利をチェックし、消費者金融では上限金利と無利息などの付加価値を見ることが重要と言えます。

金利が安いカードローンを選ぶには?関連ページ

即日融資を振込で受ける為の条件
カードローンやキャッシングで即日融資を受ける為には条件があります。特に銀行振込による即日融資が需要がありますので、振込での即日融資を中心に説明します。