即日融資を振込で受ける為の条件

カードローンやキャッシングには即日融資を受ける為の条件があります。申込みしたその日に融資(借入)をしたいのであれば、即日融資の条件をクリアしなければ融資は受けることができません。

 

即日融資を受ける方法は振込以外にも店頭窓口や自動契約機で契約する方法もありますが、最も需要のある振込での即日融資を中心に書いていきます。

 

即日融資を受ける方法
  1. 自分名義の銀行口座に振込融資をしてもうらう。
  2. 即日カードを発行してもらい、提携ATMから出金(借入)をする。
  3. 店舗へ行って現金を借入する。
  4. 無人契約機でカードを発行してもらいATMから出金(借入)をする。

 

即日融資を受ける方法は上記の4つしかありません。この中で一番利用が多いのは自分名義の銀行口座へ振込してもらい融資を受ける方法です。銀行振込で融資があれば、近くの金融機関はもちろん、コンビニの銀行ATMから出金することができるので、非常に便利です。

 

店頭窓口や自動契約機での即日融資は来店しなければならないので、夜に予定がある人や、仕事で時間が遅くなる人は逆に難しくなってしまいます。

 

銀行振込による即日融資の場合は当然銀行の振込締め切り時間がありますので、その時間までにカードローン・キャッシング会社から振込手続きをしてもらうことが必要になります。

即日融資を銀行振込で受ける条件とは?

即日(当日)に振込融資を受ける条件はカードローン会社によって若干違ってきますが、ほとんどの会社は、平日14時までに本人確認書類やWEB契約完了、振込手続き完了が条件となっています。定める時間までに手続きが完了しなかった場合や書類の提出ができなかった場合は即日融資はできず、翌営業日での融資となりあmす。

 

有名カードローン会社の即日振込融資条件
カードローン・キャッシング 即日振込融資条件
アコム 審査完了後、本人確認書類「運転免許証(交付を受けていないお客さまは健康保険証など)」を平日14:00までにFax送信(Faxでご契約のお客さまも、必要書類を平日14:00までにFax送信)され、アコムが確認した場合は当日中にお客さまの指定口座に振込いたします。
プロミス 即日融資は平日14時までにWEB契約完了が条件で即日(当日)融資が可能です。
モビット 即日融資は平日14時50までに振込手続き完了が条件で即日融資可能となります。(審査によっては不可もあり)

 

上記は消費者金融大手のアコム、プロミス、モビットの即日振込融資条件です。大きなポイントとして、銀行振込での即日融資は基本的に消費者金融会社しか行っていません。

 

銀行カードローンは基本的に自行の普通預金口座に融資金を入れますので、その銀行に口座が無い場合口座開設の手続きをする必要があり、即日融資ができないのです(他行の銀行口座へ振込するのはほとんどの銀行カードローンではやっていないのです)。

 

しかし、新生銀行カードローン レイクに関してはもともと消費者金融だったこともあり、今は新生銀行カードローンとなっていますが、銀行振込による即日融資に対応しています。

 

また、即日に振込融資はできませんが、例えば三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは、テレビ窓口を利用することで最短40分でカード発行が可能となっており、カード発行後、提携ATMより即日利用はできます。しかし、カードが無ければ即日に借入することはできないのです。

 

オリックス銀行カードローンに関しても、ローンカード発行後であれば、提携ATMより即日融資はできますが、あくまでローンカード発行が条件となっています。

 

このことから、即日(当日)に振込融資をしてもらうのであれば、今のところ、消費者金融か新生銀行カードローン レイクに申込みしなければ即日振込融資ができないのです。

即日振込融資なら申し込みは午前中に!

申込みは午前中に!

即日振込融資は条件が有り、平日14時までにWEB契約完了や、振込手続き完了、本人確認書類を提出することが条件となっています。

 

その為、即日融資を受けるのであれば平日14時までには手続き完了しなければならず、逆算していけば、申込みするのは早ければ早いほど、即日融資を受けられる確率が高くなるのです。

 

キャッシング・カードローンの申込みは、今インターネットからの申込みが早くでき主流ですが、インターネットから申込みするだけでも入力項目が多く、20分程度は時間がかかってしまします。

 

申込み入力にミスがあれば審査が止まってしまうこともあるので、申込み入力は間違えなくすることが大切です。その意味でも急いで申込みして、ミス(入力間違い)があって審査が止まってしまうことを考えれば、慎重にミスなく入力して申込みすることが重要なのです。

審査時間は最短で30分だが長ければ1時間は見ておく

キャッシング・カードローンの審査は消費者金融であれば最短30分で可能としていますが、これはあくまで最短となっており、申込みが多い月末や月初めなどは審査時間はもう少し長くなります。

 

忙しい日であればやはり審査時間は1時間は見ておいた方が良いでしょう。その為、申し込みから審査結果まで約1時間半は見ておく必要があります。

 

審査結果が出たとしても、すぐに借りれるわけではありません。契約の説明などの項目があり、WEB契約であればWEB上で契約する必要があるので、ある程度時間もかかってしまうのです。

 

以上の事を考えれば、申込みの当日に即日振込融資を受けたいのであれば、最低でも申込みは午前中に済ませておく必要があると言えるのです。

 

そして、キャッシング・カードローン会社からの電話・メールは常に気にしておき、連絡があった場合すぐに電話に出られる・返信できることが即日振込融資につながることになるのです。

 

カードローン会社からの連絡は気にしておくこと

銀行カードローンで最短即日融資が振込で可能なのはレイク!

総量規制対象外で即日融資可能なのは、新生銀行カードローンレイクです。レイクは銀行カードローンでも当日(即日)振込融資が可能!

 

平日14時までにお申込みと必要書類の確認の完了で当日に自分名義の銀行口座に振込融資をしてくれます!(必要書類の確認が、平日14時以降になる場合は翌営業日のお振込みとなります。)

 

申込み当日に振込融資ができるのは消費者金融だけのノウハウですが、レイクならそれが可能となっています。新生銀行カードローン レイクはこのように、消費者金融の特徴と銀行カードローンの特徴を併せ持っており、銀行振込による即日融資以外にも、100万円以下は収入証明書不要、提携ATM手数料無料など、銀行としてのメリットも多くあります。

 

尚且つ借入の5万円までは180日間無利息または、借入の全額を30日間無利息の2つの無利息から選ぶことができ、人気のカードローンとなっているのです。

即日融資を振込で受ける為の条件関連ページ

金利が安いカードローンを選ぶには?
金利が安いカードローンを選ぶポイントについて説明しています。低金利で借りたい人は参考にしてください。