おまとめローンは総量規制対象外?

おまとめローンは総量規制対象外ですか?

おまとめローン自体は総量規制対象外ではありません。詳しく言えば、おまとめローンとは複数の借入をおまとめするローンであり、消費者金融などの貸金業者のおまとめローンと、銀行カードローンのおまとめローンに分かれます。

 

総量規制対象外と言うのは、貸金業者以外の融資は全て総量規制対象外となり、代表的なのは、銀行が貸付する銀行カードローンです。これは、銀行が貸付しているので、総量規制対象外となるだけで、「おまとめローンが総量規制対象外の訳ではありません」。

 

消費者金融では年収3分の1の総量規制が適用され、借入は年収の1/3までしかできませんが、おまとめローンは総量規制例外貸付の借り換え条項に該当することから、年収3分の1以上でも融資が可能となっているのです。消費者金融のおまとめローンは総量規制対象外では無く、総量規制例外貸付です。

 

簡単に言えば、銀行が融資するものは全て総量規制対象外なので、通常のフリーローンも、おまとめローンも全部総量規制とは関係がありません。ですから、おまとめローン自体は総量規制対象外ではありませんが、銀行が融資するおまとめローンは、銀行貸付の為、総量規制対象外のおまとめローンとなるだけです。
少し複雑ですね(笑)

総量規制対象外の銀行おまとめローンは消費者金融より良い!

銀行の貸付はすべて総量規制対象外となるので、銀行のおまとめローンも総量規制対象外と説明しました。

 

ここで、消費者金融のおまとめローンと、銀行カードローンのおまとめローンでは、断然に銀行カードローンでおまとめした方がメリットが多いことは知っていますか?

 

もしおまとめローンを銀行と消費者金融で迷っているのなら、絶対的に銀行カードローンのおまとめローンを強くおすすめいたします。

銀行のおまとめローンの方が金利が低い!

銀行でおまとめした方が良い理由としては、まず金利が断然に消費者金融と比べて低い点です。おまとめローンは複数の借入をおまとめするローンになりますので、借入金額は比較的高額となり、100万円以上になることも珍しくありません。

 

おまとめローンのメリットは低金利へ借り換えることで、毎月の利息を軽減し、しいては毎月の返済金額も減らせられる可能性があることです。これは金利が低くなればなるほど、その効果は大きく、そう考えた場合、銀行カードローンでおまとめすることが最も最適と言うことができます。

 

消費者金融では、限度額100万円未満は金利18%、100万円〜150万円は金利15%の可能性が高いと言えますが、銀行カードローンであれば、100万円未満で金利15%以下、100万円以上であれば金利は1桁〜12%以下でも充分借入は可能なのです。

 

銀行カードローンなら収入証明書不要?

消費者金融には無い、銀行カードローンのおまとめローンのメリットは、収入証明書不要でも借入が可能な点です。消費者金融の場合、限度額50万円を超える時は収入証明書が審査で必要となりますが、銀行カードローンでは100万円以下は原則収入証明書不要で審査が可能となっています。

 

オリックス銀行や三井住友銀行などは限度額300万円以下であれば収入証明書は不要で借りることができます。一方消費者金融の場合、原則50万円を超える場合は収入証明書の取得が義務付けられていますが、おまとめローンの場合に限っては、必ず提出を言われることになります。

 

銀行ではフリーローンをおまとめローンとして利用者が使うのは自由というスタイルですが、消費者金融ではおまとめローン目的の融資はおまとめ専用の商品があり、審査も厳しく、おまとめ以外での利用は厳禁となっています。

 

このことから消費者金融では50万円超という基準では無く、おまとめローンや借り換えローンの場合は基本的に収入証明書が必要になると思っておきましょう。

総量規制対象外のおまとめローンなら限度額内での借入も可能!

銀行と消費者金融のおまとめローンの決定的な違いは、おまとめローン後に限度額内で借入が可能かどうかの違いです。先ほども書いたように、消費者金融のおまとめローンは管理が非常に厳しくされ、おまとめローン後の限度枠内での借入はもちろん、他の消費者金融からの借入も基本的には禁止になるケースが多いです。

 

おまとめローンで一本化した後は1社だけの返済となるのですが、中には途中でお金が必要にる人もいます。しかし、ある程度返済して残高が減っていたいとしても、契約自体が元利均等返済など、限度額内での借入ができない契約になっている場合が多いので、おまとめしている消費者金融に融資の申込みをしても、断られる可能性が高いのです。

 

しかし、だからと言って、他の消費者金融から借入してしまえば、おまとめローン契約違反になることもあるので、消費者金融のおまとめローンではおまとめ後借入ができないデメリットがあるのです。

 

これに対し、銀行カードローンでおまとめした場合は、総量規制対象外での借入になりますので、契約自体はフリーローンと同じリボルビング方式になります。その為、限度額内での追加借入も可能となりますので、もしお金が必要になった場合は、そのままカードから出金ができるのです。

 

おまとめローンは大口ローンとなるケースが多いことから、契約前に追加借入(融資)の件は、よく借入するローン会社に確認しておくことがベストです。