総量規制対象外で即日融資は可能なのか?

銀行カードローンは総量規制対象外ですが、即日融資は可能なのか?当サイトのトップページにも書いてありますが、総量規制対象外のデメリットとして挙げられるのが即日融資に対応していないカードローンが多いことです。

 

消費者金融は借りたいその日に即日融資で借りられることが人気で、現金が欲しいときにスピーディに融資をしてくれることが一番のメリットと言えます。

 

運転免許証とその人の信用だけでわずか1時間で融資をしてくれる消費者金融は緊急な借入にも対応してくれます。

 

しかし、総量規制外の銀行カードローンで即日融資を受けるには、いくつかの条件が必要となってきます。

その銀行の普通預金口座が無ければ即日融資ができない?

銀行カードローンでは原則、そこの銀行の普通預金口座に貸付金を振込ますので、口座を持っていない場合即日融資ができないのがほとんどです。

 

例えば、みずほ銀行カードローンの場合、審査は最短即日となっていますが、最短即日融資で借りるには、みずほ銀行の口座が必要となっています。もしみずほ銀行の口座が無い場合、口座開設後の融資となりますので、即日融資は受けられません。

 

これはみずほ銀行だけでは無く、りそな銀行も同様であり、銀行カードローンでは基本的に他行の銀行口座に振込で融資をすることが無いのです。

口座開設不要の銀行カードローンなら即日融資が可能?

銀行カードローンは基本的に口座を開設することが条件となっていますが、中には口座開設不要の銀行カードローンもあります。

 

代表的なのは、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、オリックス銀行です。これらのカードローンはその銀行の口座が無くてもローンカードで借入・返済ができるので、基本的に審査時間も早くなっています。

 

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行ともに銀行カードローンで最速の審査時間は最短30分となっています。審査時間最短30分は消費者金融と同じ早さとなっており、保証会社の審査もある銀行カードローンでは相当早い審査時間と言えます。

 

そして、この2つのカードローンとも最短即日融資が可能となっています。しかし、消費者金融のように本人名義の銀行口座に振込での借入では無く、三菱東京UFJ銀行ならば、テレビ窓口、三井住友銀行ならローン契約機へ来店して、その場でカード発行を受けてから提携ATMで借りる流れとなっています。

 

銀行カードローンの即日融資と、消費者金融の即日融資では意味合いが異なり、やはり便利なのは消費者金融になります。

 

消費者金融ならば、早い時間に申込みすれば必ずと言って良いほど即日融資が高確率で受けられるのに対し、銀行カードローンでは口座がなければ即日融資ができない場合や、カード発行の為に来店しなければならないなどデメリットがあります。

 

しかしながら、銀行口座を持っている場合は消費者金融同様に振込での即日融資が可能となっていますので、口座がある人は総量規制対象外のデメリットはほとんど無いと言っても良いでしょう。