カードローンの審査は年収が一番重要なポイントなのか?

カードローンの審査で、一番重要な審査項目が年収だと思っている人が意外に多いのですが、実はカードローンの審査で年収はそこまで大きなポイントではありません

 

確かに年収が多ければ多いほど審査には有利になることは間違いありません。事実、総量規制によって年収の3分の1までと、融資金額が制限されていますので、年収が100万円未満の人などは、どんなに頑張っても借りられるのは33万円が限界なのです。

 

年収が多ければ多いほど、カードローン会社は大きな限度額で融資をすることができるのですが、審査で最も重要度があるのは、年収よりも、その人の信用情報と、勤務先、勤続年数になるのです。

信用情報の審査が最も重要な審査項目!

カードローンの審査では指定信用情報機関の信用情報が一番大事な項目です。仮に年収が1000万や2000万円あったとしても、信用情報に事故情報(異動情報)が登録されていれば、審査は通らずに落ちることになります。

 

カードローンやキャッシングではこの信用情報によって審査の大部分が決められていると言っても良いでしょう。

 

一昔前の信用情報は、クレジット会社や信販会社が加盟するCIC、消費者金融が加盟するJICCに分かれていました。しかし、貸金業法改正によって、指定信用情報機関が設置されることになってから、この2つの業態の壁は無くなっています。

 

どちらの信用情報に加盟しているかは、カードローン会社の公式サイトを見れば必ず記載されています。

指定信用情報機関の情報はどんな情報が登録されているのか?

審査で大きなウエイトを占める、信用情報は多くの方が見たことの無い情報だと思います。信用情報って、どんな項目が登録されているのか興味ありませんか?

 

自分自身の信用情報はCIC、JICCでも簡単に開示することができるので、もしカードローンやクレジットカードを利用しているのであれば、郵送での開示で自分自身の信用情報を一度見てみるのもいいかと思われます。

 

多分見た人は驚くと思います。なぜなら、信用情報に登録されている内容は非常に多く、細かい情報まで載っているからです。下記に信用情報に登録されている情報の一部を紹介します。

 

指定信用情報機関に登録されている内容

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 携帯電話番号
  • 自宅電話番号
  • 勤務先会社名
  • 勤務先電話番号
  • 借入総件数
  • 借入総残高
  • 1社ごとの借入残高、契約日、前回支払日、次回返済日、直近の返済履歴
  • 任意整理や自己破産、調停、個人再生などの債務整理情報
  • 延滞3ヶ月以上の延滞情報
  • 融資申し込みした日付と、申し込み件数
  • キャッシングか、物販(ショッピング)かの区別情報

 

上記は信用情報に登録されている一部の情報です。本来はもっと細かい情報が掲載されています。カードローンを借りるときに、住所や自宅電話番号、会社名、会社電話番号を入力すると思いますが、これらの情報は全て信用情報にも登録されている情報なのです。

 

そのため、入力した内容と、信用情報の内容が一致しない場合、必ず審査でチェックが入ります。信用情報はカードローン会社によって報告で登録されていることから、信用情報の内容というのは、前回借入した会社の申し込み内容となりますので、嘘の住所や会社を申し込み時に申告しても、すぐにバレてしまいます。

年収よりも勤務先の会社と勤続年数が大事?

年収は少なすぎても問題がありますが、400万円〜500万円などの平均年収があった場合、重要視されるのは勤務している会社の大きさです。

 

よく消費者金融は公務員の評価が高いと言われていますが、これは公務員が安定していて、リストラ等も無く、給料も年々増加して退職金も多いからです。多くの会社ではリストラによる突然の解雇などで返済不能になるケースは多々あります。

 

しかし、公務員ならそのような可能性は低く、なにより定年まで数十年働いた場合、退職金はかなりの金額になります。これらのことが消費者金融で評価されている部分です。

 

要するに大きな会社であれば、それだけ退職する可能性も低くなり、長く勤務することによって、退職金も見込めますので、ある程度貸付したとしても回収可能と判断できるので、限度額も高めに融資をしているのです。

 

カードローン審査には年収よりも信用情報と、勤務先の会社、勤続年数が重要視されていることを説明しましたが、これは最低限の年収があった場合になります。

 

そして言わずとも分かると思いますが、年収は多ければ多いほど審査には良いことは間違いありません。どんなに公務員で勤続年数が長くても年収500万円しかなければ融資できるのは166万円までなのです。

 

年収が多く、信用情報も綺麗(あまり借入が無い)で、勤務先も大きく、勤続年数も20年など長い人がカードローン審査では好まれることになります。